インドネシア各地で異なるデモの様子(10月28日)

インドネシア各地で労働者数千人に寄る、最低賃金(UMK)見直し要求のデモが発生致しました。それにより道路が渋滞するなど交通に影響が出た模様です。
先にデモという言葉を使いましたが、正確にはストライキのニュアンスに近いそうです。
インドネシア労働組合総連合(KSPSI)事務総長、Muhamed Rusdi氏によるとデモは5万人規模になるとの事。
今日、28日のデモはまだウォーミングアップ段階であり、10月30、31、11月1日にデモのピークを迎えるそうです。
と、いう情報を仕入れました。
何を隠そう、私の地区でもやるやると言っていたデモが起こらず、町は静かなものでした。
私の情報網(笑)によると、明日市長と労働組合が話し合いをし、その結果によって水曜日以降にデモをするかどうかが決まるとの事。
デモはこれから激しくなると予想されます。特にKSPSIの組員は血の気が多い団体と聞いておりますので、政府や市長の返答次第でどのような事態になるか予想できません。インドネシア在住、渡航予定の方はぜひ身の回りに気をつけ、必要のない外出は控えましょう。
今週の動向次第で「インドネシア」という「国」が大きく動きます。
国が動く瞬間に立ちえてゾクゾクしております。
本当にインドネシアはどうなってしまうのですかね。。。。


コメントを残す

このページの先頭へ