インドネシア人の気持ちを理解してみよう!1日だけ断食してみました。

先週から始まっている断食月も3週目に入ろうとしています、朝起きをして水を飲まずに通常業務を行っている従業員を見ながら、ふと思ったことがあります。

「1日だけ断食やってみようかな」

ということで、さっそく1日プチ断食を行ってみました。

まずは早起き!朝4時前起床

断食の朝は非常に早く、断食開始(正確には日が昇る前)前までにその日の栄養と水分を蓄えます。ちなみに断食開始時間は4時15分ごろ。つまり、起床は4時前になります。鼻炎持ちの私は朝起きると口がカラカラ状態、起床と同時にまずは水分補給。

朝食は白米と鶏肉を蒸したもので、至って普通。

4時15分頃、ついに断食開始。しかし、こんな時間に起きてもすることがないので、二度寝です(笑)

二度寝の起床時は鼻炎持ちには結構キツい

二度寝から目が覚めた時間は10時(笑)いつも以上に寝てることはさておき、鼻炎持ちの私の口はカラカラです。それでも、断食中なので水は飲めない!!断食終了は18時15分頃ですので、まだあと8時間も水を飲めない!!

口はカラカラで前途多難。。。。寝ていると空腹や喉の乾きはあまり気になりませんが、起きてからは必要以上に意識してしまい、寝起きはツラいです。

飲めない、食べられないと思うと腰が重い

10時に起きたはいいですが、特にやることがない日曜日。厳密には喉が渇くのが嫌なので外にも出たくないし、ゴルフなどはもってのほか。だからといって、外に出ないとネットや読書ぐらいしかやることがない。

喉が乾いているためか、何かやろうという気が全然起こらないのです。う〜ん今日一日何しようか。

二度寝しても、すごい眠い

昨晩は0時就寝→4時起床→10時まで2度寝ということで、合計で10時間近く睡眠を取っているはずなのですが、とにかく眠い。平日は5〜6時間睡眠ですが、それとは比べ物にならないくらいひたすら眠いのです。

ということで、読書をしながら自然に就寝、今日だけで3度寝(笑)全然断食せず、寝ているだけじゃないか!

三度寝の起床後は喉がガラガラで、ちょっと頭痛気味

熱帯のインドネシアは30度を超える日が続きます、それは家の中でも同じで、断食中も非常に暑い。

しかし、エアコンをつけると空気が乾燥気味で暑くはないが水分を持って行かれる。しかし、日中の暑さには勝てずにエアコンをオン。そして未曾有の三度寝の後は喉がカラカラの上、おそらく脱水症状気味で頭痛がしてきました。

起床時間は15時。あと三時間で断食が終わる。。。寝てばかりでしたが、今思えばこの時間帯が一番ツラかったです。

17時頃からは意外と耐えられる

17時頃になると、相変わらず何もやる気は起こりませんが、外気温もだんだん下がって来て涼しくなってきます。何よりも、あと1時間ほどで終わると思うと非常に気が楽でした。あと1時間!!!

ついにタイムアップ!!断食終了!!

その時刻はついにやってきました、そうです18時19分、断食解禁です。

今思えば、起きる→寝る→読書→寝る→youtubeという煩悩ばかりの断食でしたがとりあえず断食している人の気持ちが少しは分かったと思います。

解禁直後は冷たいものは体に悪いから口にしてはダメということで、常温の水を一口、そして一言。

「あ〜生きててよかった(笑)」

大げさですが、断食中はとにかく喉が乾いて乾いてしょうがなく、不思議と空腹は1度も感じませんでした。

とは言うものの、1日食べないと流石にお腹は空き、夕食はいつも以上に食べてしまいました。こうやって断食後のインドネシア人は太って行くんだなと思いました。

断食体験の総括

私の断食挑戦は寝てばかりでしたが、断食でキツいのは喉の乾きと寝不足でした。休みであれば寝不足の解消は比較的簡単ですが、これで仕事となると中々の挑戦です。

慣れていないだけかもしれませんが、正直私は断食はもうしないかなというのが正直なところ。

理由は喉の乾きや寝不足ではなく、1日の生産性(やる気)が全然上がらないということです。確かに生産性は下がるものの、よくこんな状況で仕事をできるなとインドネシア人を見直しました。

まだまだ断食は続きますが、この経験をもとにあと数週間はインドネシア人をいつも以上に大切にしたいと思います。皆さんにも断食中のインドネシア人の気持ちが伝われば幸いです。

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ