時期は師走、インドネシアはゴムの時間でリラックス。

早いもので、2013年も師走となってしまいました。
おかげさまで仕事も接待もてんこ盛りで、会社→接待→寝る→会社→接待→寝る、週末はゴルフという日々をかれこれ数週間繰り返しておりますが、仕事があるのはいいことです。
と、忙しい日々を送っているのは日本人のみで、ローカルは17時ぴったりに帰ってしまいます。
仕事があろうがなかろうが、帰宅時間をキッチリ守る様は尊敬に値しますが、仕事の約束もキッチリ守ってくれればいいのにという気がします。
というのも、ローカルのサプライヤーに製品納期の確認をすると、
「オッケーミスター!今から送るぜ!!」
や、
「明日の朝に必ず納品するから!!」
という返事がきます。
、守られた例がありません!
インドネシアには Karet Jam (ゴムの時間)と呼ばれる、待ち合わせのロスタイムみたいなものがあります(笑)
例えば、ご飯の待ち合わせ時間を19時に決めたとします。日本人ならば18:50~18:55分には現地にいるでしょう。
しかし、インドネシアは桁が違います。
19時に待ち合わせ=19時に家を出るくらいの感覚でいます。
近場ならば多少マシですが、集合時間が30分~1時間遅れることはしょっちゅうです。
実はこのロスタイム制度で一番腹が立つことは、遅れることではないのです。定刻より早く始まることなのです!
それは映画館です。
私の近場の映画館だけかもしれませんが、19時開始で19時に映画のタイトル(イントロ部分)が終わっていることがしょっちゅうあり、楽しい部分を見逃すこともしばしば。
さらに腹が立つのが、ローカルはキッチリ席に座っており、時間通りに最初から映画を観ていることです!!(笑)普段もそれぐらい時間守れ!と思ってしまうのは私だけではないはず。
おそらく、「見逃す=お金を捨てる」 というような損得勘定で考えているのかもしれませんね。
郷に入れば郷に従えとはよく言ったもの、インドネシア人の Karet Jamの感覚が分かれば、インドネシア生活はもっと楽しくなることマチガイ無しです。
しかし、分かれば分かるほど、日本社会不適応度が高まってしまいますのでお気をつけ下さい(笑)


“時期は師走、インドネシアはゴムの時間でリラックス。”へのコメント

  1. きよみどす より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    クスッと笑ってしまいましたが。。。
    仕事ですからゴムのように変幻自在はちょっと困りますよね。ストレス解消方法も今やたくさん持っているのではないでしょうか?(⌒_⌒)

  2. しん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    きよみどすさま、
    いつもコメントありがとうございます!ストレス解消法というよりもストレスを溜めない方法は、インドネシアの人々の「なぜ?」にいちいち反応しないことですかね(笑)以前のエントリーでイラっとすることを書きましたが、いちいち反応していては身が持ちませんので(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ