デモ隊が来た!どうやって応戦する!?

昨日のエントリーで紹介させていただきましたが、インドネシア全土で最低賃金デモが発生しております。
特に本日10月31日のデモは労働組合がスワイプ運動に出ており、営業している工場の前に集まり、バイクで爆音を出し、ゲートを壊しにかかってきました。
従業員が仕事を辞め、デモに参加するまでこの行為は続き、完璧に会社を止める気で来ております。
とは言うもののやっていることは全く紳士的ではなく、チンピラと変わりません。ただ暴れたいがためにお祭り感覚でやっているだけです。
何を隠そう、当社もゲートのカギを壊され、2カ所の工場(第2工場まであるのですが)のうち1カ所ははデモ隊に侵入され、営業停止を余儀なくされました。
もう一つの工場は会社の労働組合がデモ隊と戦ってくれたため、小競り合いはあったものの、工場侵入をどうにか防ぐことができました。
とまぁ、労働組合が労働組合と戦うという、奇妙なことになっておりますが、今まで会社の労働組合と対話を続け、投資(笑)をして来た結果と自負しております。

デモ本番は明日11月1日
で31日よりも大規模なデモが予想されます。

また、11月6日がデモの最終日の様で、最悪は6日までデモが続く可能性があります。迷惑極まりありません。
と、今日のデモを見た限りですが、中々の強硬派軍団です。もしも攻め込まれたらひとたまりもありません。そこで、私なりに真面目(笑)にデモ隊の追い払い方を考えましたので、面白可笑しくご紹介!!

コンテナで入り口を塞ぐ
デモ隊はゲートにつかみかかり大人数で前後に揺らし、プレッシャーをかけて来ておりました。よじ上ろうとするものいろいろいましたが、コンテナで入り口を塞いでしまえば入って来れない!
これで大規模な侵入は防げるはず!
唯一、自分たちも外に出られないのが難点ですので、買い出し等は先に済ませておきましょう。
必殺下剤作戦!
本日のデモを見て思ったことは、デモ隊の中にデモの中心となるものや凶暴な奴らがおり、そいつらがみんなを煽り、手を出してくるわけです。つまり、彼らをつぶせば有利にことが運ぶはず!
そこで、会社内で数人を任命し、前もってデモ集団にスパイとして送り込んでおくのです!
そして、彼らに何らかの飲み物を持たせ、凶暴な隊員や中心となるリーダーに差し入れしましょう。
「君!気が利いてるな!」と油断するはず!!実はここに下剤をいれておくのです!
デモをしている最中にお腹が痛くなれば、格好もつかない上、デモどころではありませんので、デモ隊の弱体化を狙えるはず!!
もちろんトイレを貸してくれと言われても、敷地内に絶対に入れない様にしましょう。強行して入って来た時は、顔写真を撮り、後日不法侵入として警察に訴えましょう。

これでデモ隊はガタガタのしゃばしゃばです!(笑)

粉末消化器作戦!
放水作戦はデモ隊に対抗するポピュラーな方法です。
しかし、私の作戦は水ではなく、粉末消化器を使って応戦するのです。もっと具体的に申し上げますと、電気火災用の消化器(C火災用)を用い、デモ隊にバラまきます。
この電気火災用の消化器とはガジェット好きには最大の悪夢で、電子機器や精密機械等に入り込むと空気中の水分を吸い、金属を錆びさせ、絶縁劣化させます。つまり、電化製品が壊れてしまうのです。専門家に頼み分解しないと、一生劣化は続きます。
なぜこんなものを使うのか?それはデモ隊のスピーカー、カメラ、携帯、バイクなど高価なものを全滅させるためです!工場だけ被害を被るのは不公平ですので、相手方にも痛みを受けてもらいましょう(笑)
もちろん、彼らの連絡手段をつぶす効果もありますが、インドネシア経済発展の為に、お金回りを良くしてもらうことが主な狙いです!!経済発展するのですから、彼らも異論はないはず!(笑)
ちなみに自分たちのガジェットも影響を受けてしまうので、持参しない様にしましょう。
と、冗談半分で考えてみましたがいかがでしょうか?(笑)もし実行される際は自己判断・責任でお願い致します。
皆様のご無事を祈っております。

“デモ隊が来た!どうやって応戦する!?”へのコメント

  1. wombat より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    下痢と消火器はいいですね。賛成です。
    私が工場の社長だったらデモ関係者は絶対に雇いません。って張り紙だしちゃうな。
    自分たちの雇用に影響すると考えないんでしょうか?

  2. しん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Wombatさま、
    コメントありがとうございます。
    インドネシア人はあまり自分の雇用は考えていないでしょう。
    先日、従業員に「最低賃金が上がって、工場なくなったらどうする?」と聞いたところ、
    「なくなったら田舎に帰って農業やるよ」と返答されました。
    つまり、会社があってもなくても、生活できてしまうので(そこらじゅうにバナナとかありますし)、あまり会社へ固執がないのかもしれませんね。
    何はともあれ、まだまだ油断はできません!

コメントを残す

このページの先頭へ