生の実感を味わうため。。。。

Yahooニュースでこんな記事が。以下、引用です。

最近、話題に上ることが多くなった「狩りガール」。狩猟免許を取得して、ハンターの世界に飛び込んだ女性たちのことだ。狩猟免許を持つ女性はこの10年間で倍増し、各地の講習会やイベントでも女性が存在感を増している。「山ガール」「歴女」など、さまざまな趣味の世界に進出する女性たちが、新たな舞台として狩猟に目を向けるのはなぜか。狩りガールを取材すると、日常で味わえない「生の実感」に魅せられているようだ。

さすが日本、銃で動物を撃ち殺す事(ハンティング)が流行り始めているそうです。

理由は「日常で味わえない、生の実感を求めるため」だそうです。

論点がずれ、話が飛躍するかもしれませんが、生の実感を求めたいのであれば、インドネシアに数ヶ月住んでみればいい思ってしまいました(笑)その理由は、

1:下痢やデング熱などの病気で一度は死にかける→経験済み

2:日本ほどインフラも整っていないため、毎日が必死→移動手段を手に入れるのも一苦労

3:気を抜くとちょっとした町でも死にかける→電気止まる、水止まる、ガスは自分で買う、水道水飲めない。上のライフラインがフルハウスでなくなると危険。インドネシア語が言葉ができないと終了。

4:自分たちより恵まれていない人が沢山居るのを見ると、ご飯なんか残せない→1ヶ月のお給料は1万ぐらいから(場所によりけり)。

以上の理由で私はインドネシアで毎日「生きる」という事を感じております。

日本で生を感じられないのは、日本が恵まれているからに他ならないからだと思います(もちろん、生活苦の方々は沢山いらっしゃいますが。。。)。動物を殺す以外にも、他に方法はあるんじゃないかなぁ〜と思ってしまいました。

と、持論を展開してみましたがいかがでしょうか。インドネシア在住の方は少なくとも一回くらいは何らかの理由で死にかけるのではないでしょうか?(苦笑)

 

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ