お札の修理

お財布の中を見てみたら不思議なルピア札を発見。
通常のお金とちょっと違うなと思ったら、右端が(ただの紙で)修理されていました。
修理済み10万ルピア1
修理済み10万ルピア2
修理済み10万ルピア(裏)
↑修理箇所はこんな感じです。
インドネシアだと回収後、修理して再利用するみたいです。修理済みのお金が使えてしまうのがインドネシア。
まさにエコ。
ちなみにインドネシアには1,000、2,000、5,000、10,000、20,000、50,000、100,000ルピアのお札があります。一昔前はオランウータンが印刷されている500ルピアがあったそうな。


コメントを残す

このページの先頭へ