11月1日、それはインドネシアの未来が決まる日。

ご無沙汰しております。気がついたらば9月も後半、今年もインドネシアの未来を決める日がやって来ました。

インドネシア在住の方は気がついているでしょう、そうです、11月1日に2015年度の最低賃金(UMK)が決まるのです!

インドネシア各地では来年度の賃金をあげるべく小規模ながらもデモが起きております。

労働組合は今年比で30%増を要求しているようです。仮に30%あがった場合、ジャカルタ特別州では317万ルピア(約28700円)になってしまいます。

こんなに上がったら撤退する外資系企業が続出するでしょう。

今後の動向に注目です!


コメントを残す

このページの先頭へ