来る断食

来週頃にイスラム教の断食(ラマダン)が始まります。
断食中は日が昇っている間は物を口にしては行けない為、早朝4ぐらいに朝食をとり、夕方6〜7時くらいまで何も口にしません。
イスラム教以外の人もいる為、お店は通常開店ですが、日中のレストランはカーテンがかかり、外から中が見えないよう、断食している人に配慮がしてあります。
断食中は水も口にしてはいけないらしいのですが、肉体労働者などはイスラム教のお偉いさんの一言でお水が飲んでいいことになるそうです。気温は日中で30度を超えることがほとんどですので、水を飲まないと、断食どころではありませんからね。旅行などをしている人も断食をする必要はなく、後日時間があるときに振替で断食すればいいそうです。
断食中は会社や工場の生産効率も通常と比べて多少下がります。
従業員は「断食中だから」という理由で、押さえ気味に働いたりします。もっとも、そういった従業員は普段から「おなかが痛い」だ、「子供が病気が」と言ってサボっていますが(笑)
早朝にご飯を食べたりし生活リズムが不規則になるため、断食が終わってみると体重が増えていることが大半だそうです。そして太っても戻す努力をあまりしないのがインドネシア人(笑)
ラマダン中にインドネシアに上陸する方々は、断食している人の前で物を食べたり、水を飲んだりするのは控えましょう。またナイトクラブやカラオケが閉まっている確率大ですのでご注意ください。


コメントを残す

このページの先頭へ