インドネシア人の悪いクセ

インドネシア人をビックリさせると、言葉にならない音を発することがあります。

例えば、トイレから出てきたときに軽く脅かしたり、目の前で予期せぬことが起ると「アスタガナガ@$#$””0%*!!」とよくわからない言葉を口に出します。

今日はそんなインドネシア人のクセ(習慣?)についてお話したいと思います。

先日、シンガポールのオーチャードロードを歩いた時、綺麗に身だしなみを整えたスラッとした美人の若い女性が私の逆方向から歩いてきました。

その日は雨が朝から降り、午後には止んだのですが、路面はウエット、その上、現場のラッキープラザ前は工事をしていたため、とても滑りやすくなっておりました。

案の定、路面に足を取られ、女性がすってんころりんと滑ってしまいました。

そしてその瞬間を見たインドネシア人が大きな声で

「アスタガ$%+L〜@”$%&&$#0=〜=〜++!!」と

しかも、インドネシア人1人ではなく、女性の前後左右、4カ所にいたインドネシア人総計6人が大声で、

「アスタガ$%+L〜@”$%&&$#0=〜=〜++!!」と。

そんな映画館さながらのサラウンディングシステムで聞いたことが無い言葉を浴びせられ、転倒以上のダメージを受けた女性は、俯きながら早歩きで立ち去っていきました。

痛い上に恥をかいてしまった女性に追い打ちをかけるようなことは止めてあげて!と思ってしまいました。そして同時にインドネシア人の悪いクセだなぁ〜と思ってしまいました。

インドネシア人に聞いてみると、ビックリすると突発的に口に出してしまうみたいです。ウソか本当か、口に出してしまう言葉の意味は訳せないくらい汚いらしく、いろいろとバリエーションがあるみたいです(笑)

インドネシアでの突発的なアクシデントは十分に気をつけて下さい。思わぬサラウンディングシステムを聞くことになってしまうかもしれません。

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ