OKY

1月1日付けの日経新聞で中々過激な言葉が載っていたので、ご紹介いたします。
それは「OKY」。
詳しく調べてみると海外駐在員間では有名らしく、「おまえ、ここにきて、やってみろ」と日本本社に対する愚痴の隠語だそうです。
海外生活、仕事をなさっている方は「な~るほど」「同感です」と思ったのではないでしょうか。
インドネシアに住んでいても、日本の常識が通じないことが多々。多々と言うより、ほぼ日本の常識が通じません。
例えば、「部品の納期が間に合わないから、今週中に手配してくれ!サプライヤーに上手く伝えてくれば大丈夫だろ、なんてったってうちは大口の客だし、客の要求は絶対だから。」
ですとか、
「こんなの普通に考えたらわかるだろ!どうやったらこれを間違えるんだ!」
など、枚挙に暇がありません。
客とかあんまり関係ないんですよねぇ~日本じゃないんだし。
や、
そりゃ~日本とは違うから間違えますよ。最初から考えていることが全く違うんですから。
など思ったりします。
もちろん、本社の方々にはそんな言い訳は通用しません。言ったとしても、それをやらせるのが駐在員の仕事だろ、それでメシ食ってんだろ!と逆に怒られてしまいます。そこでOKY発動です。
まぁ、私は心で思っても、OKYなんか本社の方々には口が裂けても言えないですが(笑)
しかし、本社からの叱咤は、私たち、駐在員に対する期待の大きさの現れであり、、国と国の架け橋として働けることは、駐在員はとても幸せな仕事だと改めて感じました。
そこで一言、OKY! (おっしゃー きょうも やったるでー)
お後がよろしいようで。


コメントを残す

このページの先頭へ