1人でリゾートホテルに泊まってみた。

月初めの棚卸もほどほどに、島内のリゾート地に1人でやって参りました。
なぜ1人?と言うことですが、なんとなく1人でホテルに泊まって読書or仕事を仕上げる=カッコいいというと思い、だたそれだけの下心でホテルに着てみました。
チェックイン時には「外国人がこんな辺境の地になぜ男1人?」と言う顔をされ、完璧不審者扱い。何はともあれ、2時に無事チェックイン。
最近本をいろいろ読み終えて、そのまとめをしたいなと思い、張り切ってパソコンを持って来ました。
が、アダプター忘れて充電できず。電池も残り数時間しかないので「中途半端に終わるのも嫌だし」と自己正当化し、部屋でYoutubeを観賞。でもしっかり窓を開けて気分は南国リゾート。
Youtubeも飽きてきたので、プールサイドに移動し1人読書。
目の前には若いカップル+ファミリーが和気藹々と。その脇に26歳の男1人。しかも読んでる本はドラッガーのマネージメント。
切な過ぎる。
自分のメンタルをマネージメントできません。
このあたりから完璧に心をじわじわと折られ、本も10ページほど読んだところで集中できなくなり、家に帰ろうかと思いました。
リゾートで1人ってこんなにキツイとは思わなかった。
とりあえず、部屋で寝ていても仕方がないので、カメラを片手に写真撮影。
やっぱり1人は切な過ぎる。
インドネシアに来てから、初めてホームシックになりました。
あとは何をしたかほとんど覚えておりません。途中で高いナシゴレンを食べたような、ビールを飲んだような、そのまま部屋に帰って10時には就寝したような。
今朝もろくにリゾートを楽しまず、朝8時にはチェックアウト、そのまま家に帰りましたとさ。


コメントを残す

このページの先頭へ