インドネシア(人)のココがイケてない5つのこと!

前回、インドネシアのココがイケてる!5つのことを書きましたが、今回はその間逆、インドネシア(人)のココがイケていない!5つのこと!それでは早速いってみましょう!

1:公共はみんなのゴミ箱

インドネシアに行くと分かるのですが、インドネシアは非常に汚く、直近のジャカルタの洪水はこのポイ捨てが原因なのではないかというくらいゴミがいたるところにがあふれています。そう、インドネシアではポイ捨ては当たり前なのです。

工場の食堂に平気でポイ捨てをする輩がいるのですが、彼にしてみれば悪気はなく、掃除する人がいるんだからどこに捨てていんだよ、とのこと。

ポイ捨ては大人子供関係なく、公共の場所に何処にでも捨てるのです。しかし、彼らの家は非常に綺麗だったりするのです!

2:交通インフラが整っていない

ジャカルタが世界一誇れることといえば、「渋滞」です。コレもインドネシア政府が長年交通インフラを整えてこなかったことが原因でしょう。

道路は整備されておらず、幹線道路も穴がいたるところにあり、そこに水がたまります。しして、それを避けようと道が混み渋滞するのです。そもそも車やバイクの絶対量の規制もしていないので、無限に車両が増えるのです。

このような道路事情にもかかわらず、交通インフラが整っていないので、何処に行くにも交通手段はバイクになるわけです。

観光客の場合はタクシーの乗らなくてはいけなく、日本人であり、言葉が分からないとぼったくられ、場合によっては危険な目にあうこともあります。

3:お札が汚い

コレは何度もブログに記載していることですが、とにかくお金、特にお札が汚い!

詳しくは、こちら、やこちらをご参照ください。

病気の危険も潜むインドネシアのお札。イケてません!

4:金がすべて

「金がすべて」これ、インドネシアでは真理なのです。つまり、金ですべて解決できるのです。まるでお坊ちゃま君みたいですね!

例えば、

警察に捕まりました→今日、暑くない?これで飲み物でも飲んでよ→解決

明日デモやります!工場を閉鎖しなさい!→納期が厳しいんだよ!これで勘弁して→デモ隊素通り→解決

事故で人を一家の主を轢いてしまった→彼の一生分の給料と子供を成人まで(金の)面倒見るからゆるして!→解決

となるわけです。もちろん、すべてがそうなるとは限りませんが、袖の下を渡せば大体のことは解決できるのがインドネシアなのです。

5:仕事の時間を守らない

これが一番イケていないことでしょう。日常やプライベートはいいのです、しかし納期や会議の時間だけは守って欲しい!連絡無しの納期遅れは当たり前、開始時間5分後に会議が始まるのは当たり前。日本では考えられないことでしょう。

駐在員生活をしてきて、インドネシアに感化されて、キラキラ文化に慣れてきたかと思いましたが、納期遅れだけは我慢がならないです(笑)

因みに納期守ってね!と御願いした際に「Usahakan (ウサハカン)」と返されることがあります。この意味は最善を尽くしますとの意味らしいのですが、この言葉が出て納期が守られた確立は0%です(笑)

如何でしたでしょうか?イケてる5つのことよりも共感できるのではないでしょうか?インドネシア(人)のココがイケてない5つのことでした!


“インドネシア(人)のココがイケてない5つのこと!”へのコメント

  1. きゃろ より:

    こん〇〇は!

    ブログの記事をいくつか読みました!
    とても面白かったです!フェイスブックにもいいね!させていただきました!。

    インドネシア(ジャカルタ)って、変(悪い?)なことはよくあるけど、それが面白いところです。

    いろいろ楽しみにしてください!

    きゃろ

    • chuzaisince25 より:

      きゃろ様、

      ご愛読、コメントありがとうございます!フェイスブックもありがとうございます!

      おっしゃる通り、インドネシアは変なことが沢山ありますが、ポジティブにとらえるとすっごい面白い国だと思っています。インドネシアの変なことを面白おかしく伝えていければと思っています。

      これからもよろしくお願い申し上げます。

      Terima kasih baca blog saya. Saya setiap hari lucu di Indonesia !!!

      しん

コメントを残す

このページの先頭へ