ギリ島からあけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願い申し上げます。

2016年は公私ともに怒涛のように過ぎて行きましたが、年末年始は少し長いお休みをいただき、ロンボク島➡︎ギリ島➡︎バリ島の旅行に来ております。

今回のエントリーはその中のギリ島から投稿しております。

ギリ島はバリ島とロンボク島の間に位置しており、ロンボク等からスピードボートで10~30分ほどの場所にあります。

ギリ島は、ギリ・トラワンガン(Gili Trawangan)、ギリ・メノ(Gili Meno)、ギリ・アイル(Gili air)の3つの島から成っており、トラワガンはパーティ好きが集まり一番大きく賑やかな島、メノは一番小さくで静かに過ごせる島、アイルはその間みたいな島になっています。

ギリ諸島

私はその中のギリ・メノに滞在しています。

そのギリ・メノですが、一言で表すと、

mannga and sea

非常に良い!

海はエメラルドブルーだし、静かでゆったりしてるし、休日の過ごし方としては言うことなしです。

マンゴーも甘くて最高に美味しかったです。

違和感を感じるとしたら、インドネシアのハズなのにこの島にいる8〜9割が白人ということぐらいです。東アジア系とか本当に数えるほどしか見ていません。いるにはいると思うんですけどね。

何よりも凄いことってね、こんな小島でも

Wi-Fiがどこにでもあるってことです。

真面目に新宿よりもWi-Fi環境は進んでいると思いますよ(セキュリティとかは別の話)。

Wi-Fiの普及具合とか見るとギリ島にも負けてしまう日本って大丈夫かなって思ってしまいますが、まぁそれは別の機会に。

明日はこのギリ島を後にし、人生初のバリ島に上陸予定です。また、今回の旅の詳細は別途ブログでご紹介させて頂く予定です。

それでは2017年も「25歳からのインドネシア駐在員日記」をよろしくお願い申し上げます。

管理人:しん

 


コメントを残す

このページの先頭へ