インドネシア全島震撼!タバコの料金が値上げに!!

そう、今週、インドネシア人(男のみ)を震撼させる出来事が発表されました。

なんと、タバコの金額を

平均15,000ルピア(110円)から50,000ルピア(約380円)に値上げする

との事です。まさにジャワ島、スマトラ島震撼です。

値上げの金額は消費税として徴収し、国民の健康と政府の財源を増やそうというのが目的だと思われます。

インドネシアの喫煙状況は?

2015年のデータでは9,500万人の喫煙者がいると言われており、インドネシア人男性の3分の2が喫煙者とのこと。

また若年層の20%が喫煙者と言われており、若者のタバコ問題にも揺れています。

若年層って言っても、10代ではなく、10代未満の子供も平気で吸ってたりするから恐ろしいんです。

marlboro-boys-dokumentasi-kebiasaan-merokok-anak-di-indonesia-10

写真の男の子は12歳らしいですが、凄い迫力ですね。

こういった国家全体のタバコ問題は安すぎる価格が原因なんじゃないかと言われているので、価格あげれば吸わなくなるんじゃないの?という事。

ちなみにインドネシア国内で喫煙が原因で無くなっている人は毎年20万人とも言われています。

実際、どれ位効果がありそうなの?

喫煙者1,000人を集めて、タバコの値段が50,000ルピアになったら禁煙するか?との質問に76%が禁煙すると答えたそうです。

それはそうですね、先立つものが無く今日の飯を食うにも困っている人が、50,000ルピア=大体2食分のお金を払う余裕があるとは思えません。

私の回りのインドネシア人も頭を抱えて仕事にならない状況(笑)聞いてみると禁煙するか考えているとのことです。

インドネシアのタバコマーケット

タバコ値上げ!=みんな健康!財源増えた!みんな嬉しい!という単純方程式にはならないのが、この問題の難しい所。というのもインドネシア人の半分近くがタバコを吸っているわけですから、それなりに市場も大きいので、インドネシア経済にも影響を及ぼすわけです。

インドネシアの2015年の生産実績は3,360億本(日本の2015年販売実績は1,833億本)で、タバコ関連会社が200~300あると言われておりマーケットのみならず、タバコで家族を養えている人も相当数いるわけです。ですので、タバコが売れなくなった、良かったね!とはならないのです。

タバコの今後

値上げは10月からや2017年からなどいつ施行されるのかまだハッキリしていませんが(場所によって偏りもある??)、近々確実にタバコの金額は上がりそうです。

で、そこで私は思ったのです、

「今、タバコを大量に買いだめして、値上がりの後、40,000ルピアで売りさばけば凄い儲かるんじゃない?」

と(笑)

一攫千金を考えている方はどうぞこのビジネスモデルをご検討ください、ちなみに当局に捕まっても一切責任は負いません(笑)

 

参照

Indonesia Investments (http://www.indonesia-investments.com/id/)

一般社団法人日本たばこ教会(http://www.tioj.or.jp/)

こちらの記事もどうぞ!!

“インドネシア全島震撼!タバコの料金が値上げに!!”へのコメント

  1. より:

    管理人さん
    タバコ買い溜めビジネスはダメです。
    日本でも消費税のパーセント増税、たばこ税新設?だとかで、一時的に悪あがき魂胆の買い溜めは有りました。
    しかし4/1からの増税値上げは数ヶ月後の梅雨時期やその後の猛暑でタバコの品質劣化が激しいとか。

    上手く買い溜め在庫を処分しても在庫が切れたら元の黙阿弥で値上げ後も以前と変わらず喫煙している人を勤務先で見ます。

    アル中黄味?の寅、偉そうな事は言えませんが値上げという増税幅が半端では無いので、暴動等には注意されてくださいます。

    • chuzaisince25 より:

      寅さま

      お返事遅れすみません。

      そうみたいですね、私タバコは吸わないのでよくわかりませんが、長期保存すると味の劣化があるらしいですね。

      まぁ結局は裏ルートで市場に流れてしまいそうですが、非喫煙者からすると、逆にタバコが無くなってもらった方が良いんですけどね(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ