イラっ!インドネシア人の行動(道路編)

またまた来ました、イラっとシリーズ、第5弾は道路編です!!

少しでもご共感頂ければ幸いです!

それではイラっと行ってみましょう!!

道を譲ると一生進めない

日本人の場合、「譲り合いの精神」がありますが、インドネシアではそんな精神ございません。

ですので、道を譲ると感謝される事も無く、一生先へ進めません。だって、誰も譲ってくれないんですもん。

しかも、譲ったら譲ったで後ろの車から「てめー譲ってねーで早く行けボケっ!!」って感じでクラクションを鳴らされる始末。

良心が裏目に出る、イラっとです。

一方通行逆走は当たり前

一方通行はハザードランプを付けとけば逆走できるような感じになってます(本当はダメですよ)。

しかも、俺たちに気をつけろよ!見たいな感じでパッシングしてくるんですよ!

いやいやいや、間違ってるの君だから!イラっとです!

街中でもハイビーム

教育が行き渡ってない弊害でしょうか、街中でも車のハイビームをひたすら使ってくるインドネシア人が沢山いるのです。

そもそも、ハイビームとロービムの使い分けを知らず、見やすいように常にハイビームにしているんじゃないかと思います。

向かいからやられるとすっごい眩しいからねっ!後ろからやられると腹立つからね!イラっとです!!

 

赤信号でも突っ込め!!!

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」と昔の偉い人は言いましたが(誰かは知りませんが)、インドネシアでは「赤信号、フルストッロルで突っ込めば怖くない!」みたいな感じです。

特に青信号直後の赤信号は平気で数台突っ込んできます。あれって、事故ったら誰が悪いんでしょうね?イラっとです!!!

まとめ

上記は嘘みたいなインドネシアでは本当の話です。

イラっとぐらいで済めば良いですが、イラっとどころか交通事情がカオスだと、生命の危機すら感じますよね!(苦笑)

まぁ命知らずのインドネシア人だから成せる技なのか、日本人はなるべく運転しない、もしくは交通事情を良く理解された上で運転してください。

 


コメントを残す

このページの先頭へ