イラっ!インドネシア人の行動(時間編)

一昔前までやっていたイラっ!シリーズ、久しぶりに書かせていただきたいと思います。

第4弾となりました今回は今までありそうでなかった「時間編」。

それではどうぞ!

時間を守らない

しょっぱなから核心ですが、時間を守らない!

例えば10時に開始というと10時に会議室に入って来る訳です。日本人からしたら、有り得ないですね。

これはサプライヤーなどの外部もインドネシア人もその傾向があり、10時に来てくれというと平気で10時15分とかに来たりします。いやいや、連絡ぐらいよこそうよ。

まぁ交通事情とかもあるんですけどね。

でも、イラっとです。

そのわりに帰るのは時間通り、だだし条件あり

集合時間には遅れるのに、帰るのだけはオンタイム!

何なら5分ぐらい前からタイムカードを押そうとする輩もいるぐらい。サービス残業なんか有り得ません。

しかし、給料が沢山欲しい従業員はタバコ吸ってダラけてちょこっと小銭を稼ごうとしたりします。

いや、まぁ気持ちは分かるけどお金の所はしっかりしとこうか。

イラっとです!

オンザウェイ(On The Way )の解釈が無限

この便利な言葉、「On The Way」。

例えば部品の配達を待っているとき、この言葉が返ってくると「今、貴方の会社にトラックが向かってます」というのが普通でしょう。

が、インドネシア人の場合これが違うのです。

行程AからBに回す事もOn The Way、これからトラックに積み込む事もOn The Wayなどなど、解釈は色々考えられるのです。

タクシー運転手にOn The Wayと言われて30分以上来なかった時はさすがにと思いました。

イラっとです!!

遅れても謝らない

上記すべての集大成みたいなものですが、遅れても「あ〜はいはい」みたいな感じで謝らない!!誤っても「Sorry Sorry」で済ませようとするんですよね!!!

イラっとです!!!

まとめ

と、色々な事を書いてみましたが、インドネシア人は本当に時間にルーズ。全部に切れてたら自分の寿命が短くなるだけです(笑)

大きな問題になりそうな所は良いとしても、その他の所が大目に見る事がインドネシアで上手く生きるコツかもしれませんね。

まぁやられるとイラっとしますけどね!!!


コメントを残す

このページの先頭へ