日本でも流行した「あれ」がインドネシアでも!

「もしもし、Aさんですか?私、Bと申しましてAさんのお子さんのCちゃんが先ほど〜〜学校で意識不明なりました。今、近所のD病院に向かっています。手術の為のウン万円を指定口座に振り込んでください!」

文面で見ると非常に怪しく、明らかに詐欺と分かるでしょう。が、いざ自分になると気が動転してしまい、何がなんだか分からなくなってしまうものです。そう、日本でも流行った振り込め詐欺が、インドネシアでも横行しているのです!

この上の文は私の知り合いにかかってきた実際の電話です。つまり、詐欺集団に「親の名前」「子供の学校」「子供の名前」「近辺の病院名」が割れているのです。非常に恐ろしいことです。おそらく学校内の情報が何らかの方法で外部に漏れていたのでしょう。

実はインドネシアではいろいろな種類の詐欺があり、外国人だけではなく、インドネシア人に向けての詐欺が沢山あるんのです。

今日は実際に起こった+耳に挟んだ詐欺をご紹介!

 

携帯番号に入金依頼

これはしょうっちゅうあるのですが、いきなりSMSで

「母親が入院してお金がありません(色々なバリエーションあり)。次の番号までプリペイドのクレジットを振り込んでください」との内容でメッセージが届きます。流石にばかばかしいのですが、インドネシアでは振り込む人が沢山いるのです。信仰深い人は心が広い(?)為か、振り込む人が沢山いるそうです。

SMS送る方としていはリスクもありませんから、一回引っかかったら、何度もやってしまいますよね。もちろん、SMS内容は嘘ですので、絶対に振り込まないでくださいね。

 

内定しました!

これは私のアシスタントのインドネシア人が実際に引っかかりかけたことなのですが、とある日、個人メールに

 

「拝啓

あなたがこの度、わが、〜〜〜社の管理職に内定しました、給料はUSD5000。つきましては勤務地はマレーシアとなりますので、パスポートコピー、写真2枚と書類に必要事項、サインし、以下の住所まで送付ください。尚、ビザと審査代の為、200万ルピアいただきますので、以下まで早急に振込お願い致します。    敬具」

 

というのが来たとのことです。もちろん詐欺ですが、まずUSD5000ドルがもらえるんだから、200万ルピアぐらいどってことないという、心理をうまく操作しているのでしょう。しかし、よくよく考えてみると、〜〜社なんかに履歴書を送ったこともないのに、内定するわけがありません。完璧な詐欺です。が、これも引っかかる人がいるんですね。

何を隠そう、私のアシスタントは、完璧に準備完了した書類を確認してほしいと私に持ってきた時に、「これオカシくない?」と私がコメントして初めて疑ったそうです。

 

迷子の迷子の子猫ちゃん詐欺

インドネシアでは交差点に子供が立っており、お小遣いをねだってきます。ですがこの子はちょっと違うのです。何が違うのかというと、車道の端で独り、泣いているのです。

運転手は「小さい子供がこんなところで泣いてるんだ。どうにか手伝えないかな?」と思ってしまいます。そして、その子に声をかけるんです、どうしたの?と。

そこで子供は手のひらを運転手に見せるのです、そこには子供の自宅の住所が書いてあるのです。

聞いてみると、「この住所が家なんだけど、お母さんともはぐれて、お金も持ってないから家に帰れないの。。。でもママが迷子になった手を見せて家までおくってくださいと頼みなさいって言っただけど誰も助けて。。。ウェ〜ン」となるのです。

流石に子供を見捨てるわけにも行かないので、優しい運転手はその子に「車で送ってあげようか?」とオファーをしてしまいます。

ここで、90%詐欺の完了です。

この後、街からはなれた奥の田舎にどんどん入ってゆき、子供の家近くになってきて、初めて気がつくのです。「やられた」と。

気がついた時は既に遅し、いつの間にか知らない男達数人に囲まれてしまし、逃げ場がないということに。

そこで暴行されるかお金をととられしまうのです。もしくは両方かもしれませんが。。。

いくらかわいそうでも、知らない子供を車に乗せるのは止めましょう。

 

もっと細かい詐欺は沢山あるのですが、これらがよくある詐欺だそうです。一説によると、インドネシア人は優しく、人当たりもいい為、詐欺に引っかかりやすいお国柄だそうです。

詐欺シリーズいかがでしたしょうか?まだまだ詐欺の種類はあると思うので、もしも合ってし待っても、御金は振り込まない+知らない人に付いていかないは徹底しましょう。


コメントを残す

このページの先頭へ