1ヶ月間必至に毎日ブログ更新していた理由

実は4月から30日以上ブログを連続更新する事ができまして、自分でも良くやったなと思いました。

さて、なぜ急に毎日ブログを更新したのかと申し上げますと、インドネシア人の従業員とちょっとした事をしていたからです。

今日はインドネシア人と私の間で決めた事のお話です。

30 day challenge

私、実は会社において英語と日本語の授業を無料で開催しており、従業員の能力底上げの役目を負っていたりします(本当は私がインドネシア語を使いたくないからだったりしますが 笑)。

そんな授業の一環でTEDトークという、プレゼンテーションをみせる事がありました。

その中で30 day challenge というお話がありました(下の動画です)。

内容を簡単に申し上げると、何でも良いからとりあえず30日間何かを続けて(or 止めて)みたら人生変わるよ、というもの。

それを観て、面白そうだからみんなでやってみようか?という流れになったのです。

コツコツ積み立てる事を知らないインドネシア人

日本人はコツコツ毎月貯金するとか、毎日1時間本を読むなど習慣化し、将来の為に積立てるという事をする人が多いと思います。

特に言葉に関しては1週間1時間勉強するよりも、5分間毎日7日間(35分)勉強する方が効果があるという事が言われています。

が、インドネシア人(少なくともうちの会社の従業員)の場合、この考えが非常に乏しく、私がインドネシア語を話せるのも「頭がいいから(決してそうではありませんが)私たちにはできない」、と言ってくるのですが決してそうではないこと、日々知識を蓄積していればそのうち身に付いている事を伝えたかったのです。

僕もやるから君たちもやってみてください

そんな事を思いながら、この動画をみせたところ私もやるから、是非みんなでやってみようと言う流れになりました。

ある人はテレビを30日間観ない、ある人は毎日5000ルピアを貯金する、ある人は毎日英単語を5個覚えるなど各自に30 day challenge のお題を決めてもらいました。

私も言い出しっぺですので、やらない訳にはいかないので、「30日間ブログをアップデートする」というお題にしたのです。

大変な時期もあったが、意外と何とかなるもの

私の場合、最初は貯蔵してあったネタを小出しにしましたが、そのうちネタが尽きてくる訳です。

しかし、従業員の手前、ネタがありませんで書けませんでしたではカッコ悪いので、意地でもネタを探し出し、寝る前や出社前に書き上げどうにか途切れる事なくブログの更新ができました。

時々、こんな出来の悪いエントリーで良いのか?という葛藤もありましたが、アップしてみると意外と好評であったりと自分の予想と違う事がたびたび起こり改めて勉強になりました。

思った以上の成果

そしてめでたく4月30日にチャレンジが終わりました。

チャレンジしたインドネシア人にどうだったか聞いてみると、皆さん一様に

「自信がついた」

というのです。

「英語があんなに苦手で単語なんか覚えたくなかったけど、毎日5個ずつ覚えたから1ヶ月で150語も覚えられた。英語を使うのが何となく楽しくなった」

「毎日5000ルピア貯金していたから、月末になってもお金と気持ちに余裕があった。いつもはお金が残ってないけど、今月は15万ルピアも貯められたから来月も余裕で暮らせそう」

等など、少なくてもコツコツやる事の意味が分かってくれたみたいです。

私自信も今では毎日のブログ更新が普通になってしまい、更新しないと気持ち悪いぐらいにまでなってしまいました。

まとめ

私は気になるインドネシア人に対しては「君たちは頭が悪い訳ではないけれども、環境や人のせいばかりにしてもったいない。給料が高い人はそれなりに積上げて努力と苦労をしている、給料あげてほしいならデモなんかしないで毎日勉強しなさい」と偉そうに説教したりします。

もちろん、それなりの信頼関係は必要ですが、こうやってオブラートに包まず言ってみると、意外とみんな聞いてくれたりしてくれるのです。

もしも貴方の身の回りで仕事ができないとんでもないインドネシア人がいたならば、この30 day challengeをやる事で一気に使える社員に変わるかもしれません。

「継続は力なり」、それはインドネシア人にも共通することなのです。

注意!!!当ブログは自己啓発系ブログではございません

という事で、ちょっと真面目な事を書かせていただきましたが、当ブログは「自己啓発系ブログ」ではございませんのでご注意ください(笑)

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ