鯛関連の商品はインドネシア進出しない方がいい理由

さてさて、日本滞在もあと2日になってしまいましたが、昨日、鯛のだしを使ったハラルのラーメン屋に行ってまいりました(ラーメン屋のレビューはまだ後日。。。)。

今回は日本在住中のインドネシア人女性3人と言ったのですが、そこで聞かれたんです、このラーメンのダシはなんだと。

えぇ、鯛なんですよ、でもね、タイ(スペルはTaikですが。。)ってインドネシア語では「う○ち」のことなんですよ(苦笑)お食事中の方失礼いたしました。

説明もなかなか難しくて、Ikan(魚 タイとかタイ Ikan とか順番変えていろいろ説明してみたのですが、言ってるこっちが笑ってしまって収拾がつかなくなってしまたので、、結局英語で説明しました(笑)

そう考えると、「たい焼き」とか「たい茶漬け」とか全然めでたくない食べ物ですよね。

あ、そうするとタイ王国(Thailand)とか日本の発音で言ったら怒られそうです。もちろん、Hが途中入りますし、最後にKがないのでインドネシアのそれとは発音が全く異なりますが、カタカナで書くと誤解を生みそうです。

つくづく異国理解は大変だと思う日本滞在です。

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ