インドネシア人から教えてもらったジャンブーとカシューナッツの関係

同僚のインドネシア人複数と食事をしたところ、果物のジャンブー(Jambu)はなぜ種が外にあるのか?という話をしていました。話を聞いてみるとなぜか「カシューナッツ」という単語が頻繁に話の中に出てきました。

これを聞いて、なんで果物とナッツの話を混ぜるんだ!全然違うだろ!と注意してみた所、驚くべき返事をしてきました、それは。。。。

イ「え?カシューナッツってジャンブーからと採れるんだけど。。。。日本人は知らないの?」

私「意味が分からないんだけど!ジャンブーはジャンブー、カシューナッツはカシューナッツで別のものだろう!どういうことだ!」

イ「いやいや、これを見てみてよ、」

bd6356e1a3a763024bc8e1978d18cd76

cashewtreefruit

cashew_apple_with_roasted_nuts_4

私「うっ、うわぁあああ!!そんな馬鹿な!!!」

イ「馬鹿はお前だ!!(笑)」

という事で、ジャンブーには色々な種類があるようで、ある種類の実の下にこのような出っ張りが出てくるそうです。それがおつまみなどで私達が食べる「カシューナッツ」になるそうです。

今日も一つインドネシア人から教えてもらい、賢くなりました、カシューナッツはジャンブーから採れます!明日から色々な人に自慢してみてください。まだまだ世の中には知らない事が沢山ありますね。

 

*追記:読者の方々よりカシューナッツができるジャンブーはJambu monyet という種類で、お店で売っているようなJambu air とは種類が異なるそうです。Jambu airを栽培してもカシューナッツは採取できませんので、ご注意下さい。ご指摘・情報ご提供いただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ