今更だけど、インドネシアの携帯電話事情のおさらい(端末編)

気がつけば桜が咲く季節になってしまいました、如何お過ごしでしょうか。

4月からインドネシアで仕事してくれなんて言われて、絶望的な気持ちになっているのでもいるのではないでしょうか。

さて、インドネシアだけではなく、海外在住者にとってインターネットがライフラインと言っても過言ではありません。特に携帯電話の有無によって死活問題に繋がる事もあります。

そんな今回はインドネシアの携帯電話事情についてご紹介します。

インドネシアのネット環境

日本の携帯ってインドネシアでそのまま使えるの?

基本的には使えます、通話もできます。ネットにつなぐ場合は海外データローミングをオンにしたときに使えます

写真 27-3-16, 14 00 19

iPhoneの場合は設定→モバイルデータ通信→データローミングをオンにすると使えます。

ただ気をつけなければいけないことは海外でデータローミングをオンにするとパケットし放題で1日当り3000円ぐらいかかります。

ソフトバンクの場合、着信でさえ155~195円、日本への1分間の通話で260〜295円、SMS1通で100円等など無茶苦茶高いです。

緊急時等やむを得ない場合以外はなるべく使わないようにしましょう。ちなみに、Wi-Fiは使えますのでホテルやカフェなどでは問題なくネットにつなげられます。

じゃあ電話は現地調達が一番なの?

言わずもがな、インドネシアでも携帯電話は売っていますし、例えばiPhoneやSONYのXperiaなど日本でも有名な携帯端末も売っています。

 

ショッピングセンターなどに行けば、必ずと言っていいほど、携帯電話コーナーがあります。ただ、個人的にはインドネシア国内で正規ディーラー以外から買うのはあまりお勧めしません。

というのも日本人と分かった瞬間に異常に高い金額で売ろうとして来たり、「新品」と言って実は「新古品」だったりあまり信用できるものではないからです。

現地のお店で買い場合は現地の人に手伝ってもらうか、慣れてからにした方が吉です。

費用はかかりますが、個人的には日本からSIMフリーの携帯電話を持って行き、現地でSIMカードだけ購入するの一番安心できると思います。

出張が多い方の場合、シンガポールや香港などで前もってSIMフリーの端末だけ購入してインドネシア在住に備えるのも手です。

SIMフリー端末って?日本のiPhoneってインドネシアで使えないの?

日本のiPhoneの場合、「SIMロック」と言って他社の携帯会社に乗り換えられないように規制がかかっている機種があります。

最近はいくらか払うとSIMロックを解除してくれるみたいで、SIMロックを外したものであれば、インドネシアの携帯会社のSIMカードを入れるだけで日本の端末そのまま使えます。

ただしSIMカードを入れ替えると電話番号はインドネシアの番号になってしまうので注意が必要です。

実際に私が使っている携帯電話

現在、私はiPhone5sとSONY Xperia E4 Dual という機種を2台使用しており、2台ともSIMフリー端末です。2台持ちの理由は会社携帯(契約)と個人携帯(プリペイド)という単純なものです。

iPhone5sは特に説明は要りませんが、SONY Xperia E4 Dualという機種はSIMカードが2枚入り、1台の端末で2つの番号が持てるという優れものです。

私の場合、シンガポールに出張する事がありシンガポールの携帯番号も所持していますので、国が変わるたびにいちいちSIMカードを入れ替えなくていいという利点があります。

しばらくインドネシア国内で使う場合は通話が安いSIMカードとデータ通信が安いSIMカードを2枚入れる事により必要に応じて使い分けるなどの使い方もあり、非常に便利です。

マイナーな機種ですが、国外出張が多い方はSIMカードが2枚入るタイプの端末購入をお勧めします。

写真 27-3-16, 14 49 22

写真はSIMカードが1枚入った状態です。実際には2枚まで入ります。

まとめ

たかが携帯電話ですが、インドネシアでは有るか無いかで死活問題になりかねない携帯電話。

できれば日本でSIMフリー端末を買いインドネシアに持って行って使ってみてください。

上級者の方にはデュアルSIMの端末の使用をオススメします。次回はインドネシアの携帯キャリア事情をまとめます。


コメントを残す

このページの先頭へ