白米こそ命!!何故彼らは米を先に盛るのか?

先日、インドネシア人を招き、私邸でお食事会を開きました。

魚やら、鶏やら何の変哲もない普通の御食事会だったのですが、ふと友人が、おかずよりもご飯を先に御茶碗によそいました。

ちょっと待てと私。お魚とか、鶏とか盛りつけるのに時間がかかりそうなものをまずお皿に乗せ、最後にご飯をよそわないと、冷めちゃうじゃないかと。

ちょっと待てとインドネシア人。インドネシアではまずは「米」が最初になるんだと。

言われてみれば、確かにAyam Goreng屋もSoup Ikan 屋さんもまずは白いご飯がきます。そのたびに冷や飯になっちゃうじゃないかと思っていたのですが、インドネシアではこれが当然のようです。

彼らの言い分としては

①盛りつけたてのご飯は熱くて食べられない

②ご飯が無いと食事が始められないから、まずはご飯をみんなに分けるようにする

③おかずよりも、米が食事の中心だから、主食から準備する

④小さいころからそうだったから

等など、彼らも言い分はあるみたいですが、これと言った理由は分からないみたいです。

インドネシアの食事ですが、日本と違い家族みんなで席について「さぁ食べよう!」なんて言うのは、何かしら大事な時や断食明けぐらいでしか見かけません。基本は適当にご飯よそって、みんな適当に食べる感じです。その中で白米が大きな意味を持っているのは確か。

米を食べないとご飯を食べた気がしないと言うインドネシア人、彼らにとっては炭水化物抜きダイエットをやるくらいなら太っている方がマシと思うんでしょうね。

今日もインドネシアは平和でした。

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ