暑いだけじゃないよ!インドネシアの気候とは?

インドネシアは常夏の国、日中の気温は年中30℃を超えますが、夜は比較的過ごしやすく半袖では肌寒いくらい。

夏に日本からのインドネシアに来ると、日本のようなまとわりつく暑さではないため、実は涼しくて過ごしやすいんです。

確かに日本のように「暑くて寝られない・・・・」という経験はありません。

赤道直下のインドネシアはしょっちゅう雨が降りますので、毎日多湿、少し歩いただけで汗ビッショになります。

バケツをひっくり返したような雨が降ることも多く、気をぬくと大雨に振られ、身動きが取れなくなることも。

雨が降るとバス停は雨宿りの人で溢れる。

大きく分けて季節は二季あり、雨季と乾季に分かれていて、雨季は10月〜3月、乾季は4月〜9月です。

乾季でも雨は降りますが、雨季の方がその頻度及び、雨量が多く、街中は洪水になったりします 。首都ジャカルタが洪水するのも雨季が多いですね。

観光も季節の影響を受け、雨季の時期には国立公園が閉鎖することもありますので、観光は4月〜9月の乾季の方が比較的安心です。

ゴルフ場は一年中開いておりますが、大雨が降ったり、雷が鳴ると中断しなければなりませんので、これまた乾季の方が安全かもしれませんね。

インドネシア駐在1年になりますが、やっぱり日本の四季がいいなぁ〜と思うことが良くあり、海外に出た日本人であれば誰もが感じたことがある感覚ではないでしょうか?

常夏の国ですので、インドネシアで住む場合、山の上などの除き1年中シャツと短パンとサンダルで過ごせてしまいますので、身だしなみをあまり気にせず気楽に過ごせるのもインドネシアならではかもしれませんね。

おかげで、洋服代は全くかからないのでオシャレに気を使わない方々からすれば、洋服代を節約できお金も日本より貯まりやすいかもしれませんね!

こちらの記事もどうぞ!!

コメントを残す

このページの先頭へ