インドネシアの気候

インドネシアは常夏の国、日中の気温は年中30℃を超えますが、夜は比較的過ごしやすく、夏にお越しになられる日本からの出張の方々曰く、夏はインドネシアの方が涼しくて過ごしやすいとのことです。確かに日本のような熱帯夜の経験はあまりありません。
赤道直下のインドネシアはしょっちゅう雨が降ります。おかげでさまで毎日多湿、体中がベトベトします。バケツをひっくり返したような雨が降ることもしばしば。カメラを持っている方はドライケースが必須です。
季節は二季あり、雨季と乾季に分かれていて、雨季は10月〜3月、乾季は4月〜9月です。
雨季にはほぼ毎日雨が降ります。また雨季の時期には国立公園が閉鎖することもありますので、観光は4月〜9月の乾季が良いのかもしれません。ゴルフ場は一年中開いておりますが、雨が降ったり、雷が鳴ると中断しなければなりません。
気候とは関係ありませんが、インドネシアはイスラム教が多いため、宗教関連の祝日が多く、特に断食明け(ラマダン明け)はインドネシアの一番大きい祝日です。
ラマダンは毎年変わり、今年は7月中旬から8月中旬の1ヶ月でしたが、来年は7月初旬頃から8月初旬に前倒しになります。そのため、通常断食は1年に1回ですが、年によっては1年に2回断食がある年もあるそうです。
インドネシアで働いて1年になりますが、やっぱり日本の四季がいいなぁ〜と思うことが良くあります。しかしインドネシアは1年中シャツと短パンとサンダルで過ごせてしまいますので、楽で良いなぁと思うこともあります。おかげで、洋服代は全くかからないのでオシャレに気を使わない方々からすれば、洋服代を節約できていいのかもしれません。


コメントを残す

このページの先頭へ